予約の取れない人気チーズ専門店「DAIGOMI」のお酒をプロデュースします。

この度、予約の取れないチーズ専門店「チーズレストランDAIGOMI ikebukuro(ダイゴミイケブクロ)」が2017年7月3日(月)に復活することになり、それに伴い、クラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」でプロジェクトを開始しました。
 
「DAIGOMI」とリカー・イノベーションが運営する日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」は、過去にコラボイベントを開催し、チケットが即完してしまうほどの好評をいただきましたが、この度「KURAND SAKE MARKET」が「DAIGOMI ikebukuro」のチーズに合うお酒をプロデュースすることになりました。
 
DAIGOMI ikebukuroのMakuakeページはコチラ

「DAIGOMI」とは?

DAIGOMIは、チーズ好きな人の、チーズ好きな人による、チーズ好きな人になってもらうためのお店です。「チーズの本当の面白さを知ってもらいたい!」という思いで誕生した「DAIGOMI」は、現在表参道に「チーズレストランDAIGOMI minamiaoyama」を展開し、予約が取れないほどの人気を博しています。
 
「DAIGOMI」のHPはコチラ

「DAIGOMI」で飲めるKURANDの日本酒

同店の世界中のチーズとチーズ料理にぴったりなお酒を、全国各地のまだ表に出ていない、個性的な日本酒を取り扱う「KURAND SAKE MARKET」がプロデュースしました。ここからは、「KURAND SAKE MARKET」がプロデュースした日本酒を一部紹介します。
 

チーズにマッチする日本酒「MatCheese(マッチーズ)」

「DAIGOMI」監修の元、「KURAND SAKE MARKET」と三芳菊酒造(徳島県)が、共同で企画・開発した「MatCheese」は、非常にチーズに合う日本酒です。
 
元来、チーズにはワインが合うと言われていますが、 チーズはミルクを発酵させて造り、日本酒も米を発酵させて造られた同じ発酵食品なので、お互いの味を引き立て合い、絶妙にマッチします。フレッシュチーズ(モッツァレラチーズ)との組み合わせが特にオススメです。
 
商品詳細はコチラ
 

日本酒を初めて飲む方向けの日本酒「Te-hajime(テハジメ)」

「KURAND SAKE MARKET」と富久錦(兵庫県)が共同で企画・開発した「Te-hajime」は、低アルコールで、爽やかな甘味と柑橘系の果物のような酸味があり、まるでライスワインをイメージするような、新しく飲みやすい味わいです。
 
ミルキーなフレッシュさが特徴のチーズと、「Te-hajime」のスッキリとした味わいが絶妙にマッチします。
 
商品詳細はコチラ
 
※同店では、上記2商品以外にも、様々なチーズに合わせた日本酒を用意しています。
 


今回の「DAIGOMI ikebukuro」の復活に伴って実施している「Makuake」プロジェクトでは、お得なお食事券から、予約困難な同店の予約が取りやすくなる会員券などを、Makuake限定で募集するそうです。同プロジェクトは、本日より募集を開始していますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。
 
DAIGOMI ikebukuroのMakuakeページはコチラ
 
今後は、チーズの専門店のチーズ料理と、日本酒専門店の日本酒のマリアージュを、ぜひ「DAIGOMI ikebukuro」でお楽しみください。