肉に合う日本酒「29」をクラウドファンディングで限定販売します!

リカー・イノベーション株式会社は、岐阜県・飛騨高山の日本酒の蔵元・有限会社 舩坂酒造店(本社:岐阜県高山市、代表者:有巣弘城、以下「舩坂酒造店」)とコラボレーションし、リカー・イノベーションと舩坂酒造店が共同開発した、肉によく合う日本酒「29(ニク)」を、クラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」にて、2017年7月28日(金)より限定販売します。
 
なお、通常は弊社が運営する日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」とごく一部の飲食店でしか味わえない日本酒「29」のMakuake限定販売の開始により、一時的に「29」の小売販売を解禁します。
 
プロジェクトの詳細はコチラ

肉によく合う日本酒「29」のプロジェクトについて

弊社と舩坂酒造店が共同で企画・開発した肉によく合う日本酒「29」は、Makuake限定での販売となります。
 
通常「29」は、弊社が運営する日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」とごく一部の飲食店でしか味わえない日本酒ですが、今回のプロジェクトの実施により、一時的に「29」の小売を解禁します。弊社として、「29」の小売をするのは今回が初めてとなります。
 

今回のプロジェクトのリターンには、肉によく合う日本酒「29」の販売はもちろんのこと、「29」を醸した舩坂酒造店の地元であり、観光名所としてもミシュランで三ツ星を取り、昨年大ヒットした映画「君の名は。」のモデル地としても話題となった”飛騨高山”の名産品である「飛騨牛」がついたセットなどを用意しています。
 
肉によく合う日本酒「29」と「飛騨牛」を存分に楽しめるリターンを用意することで、飛騨高山の魅力はもちろん、「日本酒と肉のマリアージュ」をより一層堪能していただけることと期待しています。

プロジェクト概要

内  容 Makuake限定解禁。肉に合わせるために醸された日本酒「29(ニク)」
目標金額 50万円
期  間 2017年7月28日(金)~2017年9月29日(金)

 
プロジェクトの詳細はコチラ

肉によく合う日本酒「29(ニク)」の3つの特長

肉によく合う日本酒「29(ニク)」は、日本酒と肉のマリアージュの追求や、日本酒の新たな楽しみ方を提案するために開発した商品です。

1. 1年分がわずか3ヶ月で完売した人気商品

2016年5月に弊社が運営する100種類の日本酒が時間無制限で飲み比べし放題の日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」(以下、「当店」)に導入し、1年分がわずか3ヶ月で完売した当店の人気商品です。

2. 肉を熟知した蔵元と共同開発

「29」を共同で企画・開発したのは、「飛騨牛」の産地として有名な、岐阜県・飛騨高山の趣ある町に蔵を構える舩坂酒造店。
 
肉と日本酒の相性を熟知した蔵元の「肉に合わせて欲しい」という思いを込めて造った日本酒なので、日本酒初心者の方にも日本酒通の方にも、肉と日本酒の相性の魅力を発見する機会を創出しています。

3. 肉と合わせたくなる米の旨味とコク

かねてより肉には、ふくよかで落ち着いた香りと、米の旨みのある味わいが特長の純米系の日本酒(米と水だけで造ったもの)が良く合うとされています。
 
「29」も、旨みを感じる落ち着いた芳醇なタイプの日本酒です。その肉の旨みに負けないボディとコクは、上質な肉の脂によく合います。
 
商品の詳細はコチラ 

舩坂酒造店について

舩坂酒造店は、岐阜県・飛騨高山(ひだたかやま)・上三之町、城下町の風情漂う「古い町並」にあり、200年の歴史を刻む酒蔵です。日本アルプスに連なる、飛騨の深き山々。この美しい自然から生み出された湧水を用い、寒冷な風土で恵まれた自然の条件のもと、良質な酒造米を用いて、代々と続く伝統の技術で醸した日本酒をつくりあげています。