「雪の結晶を飲む。」ハレを彩る氷点下スパークリング日本酒「白那-HAKUNA-」数量限定で新登場!

リカー・イノベーションが運営する日本酒のEC・店舗事業「KURAND」は、シャープ株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役:戴正呉、以下「シャープ」)の社内ベンチャー「TEKION LAB(テキオン ラボ)」と、埼玉県・滝澤酒造と共同で、氷点下が生み出す新しいスパークリング日本酒「白那-HAKUNA-(ハクナ)」を開発しました。本商品はクラウドファンディング「マクアケ」限定で、数量限定販売します。
 
プロジェクトページはコチラ

「雪の結晶※を飲む。」ハレを彩る氷点下スパークリング日本酒「白那-HAKUNA-」

「白那-HAKUNA-」(以下、「白那」)は、特殊な蓄熱技術を開発したシャープと、日本酒の新しい飲み方を提案するKURAND、150年以上の歴史を持つ埼玉の老舗酒蔵・滝澤酒造のコラボレーションが生み出すスパークリング日本酒です。
 
シャープの技術によって氷点下がより長く維持されることで味わいの余韻が長く続き、日本酒の濁り成分がグラスの中で「雪の結晶(※)」のように美しく舞う「全く新しいスパークリング日本酒」で、これまでにない新しい日本酒体験をお楽しみいただけます。
 
※「雪の結晶」とは、もろみを荒濾しすることで生まれる日本酒の濁り成分の例えです。主成分は米で、微量な酵母を含みます。
 
「白那」は、滝澤酒造の伝統的な製造方法を生かした本格派のスパークリング日本酒。炭酸が強くてキレがよく、乾杯用のお酒として最適です。飲みたての瞬間はキリッとしていてさわやか。口の中で香りが開き、アフターテイストは芳醇に。余韻を長く愉しめるのが魅力です。
 
プロジェクトページはコチラ

スパークリング日本酒「白那」の3つのこだわり

(1)ハレを彩る氷点下スパークリング日本酒

「白那」は、「雪の結晶」が舞っているかのような美しい見た目と爽快な飲み心地で、大切な人との特別な食事や、大人数でのお祝いの席を華やかに演出します。そんな「ハレ」の場からインスピレーションを得た紅白のデザインのボトルと、晴れ着のように鮮やかで美しい保冷バッグが、一味違うハレの席を演出します。
 

(2)グラスの中で舞う「雪の結晶」が旨みを感じさせる

「白那」の白いボディのなかを舞う「雪の結晶」は、お米の旨味成分。通常日本酒はお米をアルコール発酵させたあと、濾過して透き通った液体にしていきます。「白那」はこの濾過の過程であえて目の粗い袋でお酒を濾し、「おり」と呼ばれる旨味成分をお酒の中に残しました。そのため、日本酒本来の米の旨味を強く感じることができます。
 

(3)シャープの技術がもたらす「美しい雪が永遠に続くような体験」

シャープの蓄冷材料により氷点下をキープすることで、「白那」に2つの効果がもたらされます。
 
まず1つ目の効果として、氷点下に冷やし「瓶内のガス圧」を安定させることで、「1度だけゆっくりと」瓶を傾けると、底に沈んでいる旨味成分が攪拌され味わいが均一になります。更にグラスに注ぐと「まるでスノードームの中で雪の結晶が舞うかのような美しい光景」が現れます。グラスの中で「雪の結晶が舞う様子」を「見て」楽しめます。
 
氷点下をキープすることによる2つ目の効果は、アフターフィニッシュの長い味わいとなることです。白那をグラス口に含んでから舌の上で少し転がしてみると、口の体温により徐々にお酒の味わいが変化します。雪のような冷たくてすっきりとした味わいから、華やかな香りと、豊かな甘みが口の中いっぱいに広がっていく感覚。それはまさに「雪の余韻が口の中で永遠に続く」かのような体験です。
 
プロジェクトページはコチラ

味わいや飲み方

◆ 味わい

TEKION LAB保冷バッグで氷点下を保った「白那」は、爽快な強い炭酸と、甘さと酸味のバランスがとれた、すっきりとした飲み口が特長です。口に含み舌の上で少し転がすと、花が開くように少しずつ豊かな風味が広がり始めます。
 

◆ 飲み方

「白那」を飲むグラスは、薄くてステムが長めのグラスがおすすめです。薄く繊細なグラスを使うと「白那」を注いですぐにグラスが液体と同じ温度になじむため、適温でおいしく飲むことが可能です。同様に、ステムが長いほど、日本酒に手の温度の影響を与えにくくなります。
 

◆ 食べ合わせ

「白那」はやさしい味わいなので、食中酒としても最適なお酒です。日本料理はもちろんのこと、マリネなど洋風の料理とも好相性です。
 
※このプロジェクトを支援してくださった方に、雑誌などで活躍中のフードスタイリスト・山崎由貴が考案した「白那」によく合う「パテドカンパーニュ柿」のレシピをお送りします。
 
プロジェクトページはコチラ

プロジェクトについて

本プロジェクトでは、スパークリング日本酒「白那-HAKUNA-」と、氷点下をキープするシャープ「TEKION LAB保冷バッグ」のセットを先行予約販売します(※)。「白那」はマクアケ限定での販売となります。ご支援コースは全部で11種類です。
 
※日本酒は1500本ずつの生産になるため、リターンによってお届け時期が異なります。丹精込めて製造致しますので、ご了承ください。

<プロジェクト概要><

内容  :「雪の結晶※を飲む。」ハレを彩る氷点下スパークリング日本酒「白那-HAKUNA-」
目標金額:100万円
期間  :2017年10月31日(火)~2018年1月30日(火)
URL  :https://www.makuake.com/project/hakuna/
 

<支援コース一覧(価格は全て税込です。)>

1:<12月お届け>【限定50名】「白那」日本酒・保冷バッグ1セット(15%オフ):8,075円コース(税込)
2:<12月お届け>【限定100名】「白那」日本酒・保冷バッグ1セット(10%オフ):8,550円コース(税込)
3:<12月お届け>【限定100名】「白那」日本酒・保冷バッグ1セット:9,500円コース(税込)
4:【冬単衣をお持ちの方向け】「白那」日本酒・保冷バッグ1セット・「冬単衣」日本酒付:11,120円コース(税込)
5:<12月お届け>【限定35名】「白那」日本酒・保冷バッグ2セット(20%オフ):15,200円コース(税込)
6:<12月お届け>【限定5名】「白那」日本酒・保冷バッグ6セット(25%オフ):42,750円コース(税込)
7:<2月お届け>【限定150名】「白那」日本酒・保冷バッグ1セット(15%オフ):8,075円コース(税込)
8:<2月お届け>【限定300名】「白那」日本酒・保冷バッグ1セット(10%オフ):8,550円コース(税込)
9:<2月お届け>【限定1670名】「白那」日本酒・保冷バッグ1セット:9,500円コース(税込)
10:<2月お届け>【限定100名】「白那」日本酒・保冷バッグ2セット(20%オフ):15,200円コース(税込)
11:<2月お届け>【限定30名】「白那」日本酒・保冷バッグ6セット(25%オフ):42,750円コース(税込)
 

ー蓄冷材料についてー
シャープがテレビやパソコンなどの液晶材料の研究で培った技術をベースに開発した蓄冷材料は、-24~+28の温度領域の特定の温度(※1)で蓄冷(※2)が可能。メディアでも取り上げられ、大きな反響があった注目の蓄冷材料です。
 
※1 開発中の温度帯のものを含みます。
※2 本「蓄冷材料」は特定の温度で融け、固体から液体に変化します。この時、周囲の熱を吸収することにより、材料そのものだけでなく、その周囲の空気や触れている対象物を特定の温度で保持する機能を有します。保持できる温度や時間は、材料の使用量や使用条件によって異なります。

共同プロジェクトについて

【KURAND(クランド)】

KURANDは、リカー・イノベーションが運営する、あなた×日本酒をもっと楽しくするサービスです。全国各地、普段は表に出てこない「こだわり蔵元」の美味しい日本酒を、存分にお楽しみいただく機会を創出しています。KURANDをきっかけに、あなたと日本酒との新しい出会いをお楽しみいただきたいと思っています。
 
KURAND

【TEKION LAB(テキオン ラボ)】

「TEKION LAB」は、シャープ株式会社 研究開発事業本部 材料・エネルギー技術研究所から生まれた小さな小さなベンチャー組織です。シャープが液晶材料の研究で培った技術をベースに開発した蓄熱技術は「-24~+28の温度領域の特定の温度で蓄冷する」特長を有しており、お酒や食品を”適温”で楽しむことができます。
 
TEKION LAB

【滝澤酒造】

滝澤酒造は1863年創業の老舗酒蔵。埼玉県小川町で「菊泉」という銘柄の日本酒を誕生させた後、1900年に宿場町として栄えた中山道深谷宿(同県深谷町)の近くに蔵を構えました。現在も、当時のままのれんが造りの広い酒蔵で醸造しています。6代目杜氏・滝澤英之氏は2008年にスパークリング日本酒の開発・製造に着手。これまでに数種類のスパークリング日本酒を商品化し、日本酒の新しい飲み方を提案してきました。
 
滝澤酒造

【Makuake(マクアケ)】

Makuakeでは、企業の研究・技術から新商品・新事業創出をサポートするMakuake Incubation Studioを立ち上げ、シャープの社内ベンチャーである「TEKION LAB」をサポートしています。
 
Makuake
 
プロジェクトページはコチラ