大好評につき、本格導入!話題の果実酒専門店と老舗蔵元が一緒に造った、専用サーバーから注ぐ濃密スパークリング果実酒

th_happy_apple_catch_main

リカー・イノベーション株式会社(本社:東京都足立区)は、業界初のスパークリング専用サーバーから出る果実酒「シュガースパークリング ハッピーリンゴ」を、2016年12月19日(月)より、「SHUGAR MARKET(シュガーマーケット)」全店(渋谷、新宿)で提供開始します。
 

【「シュガースパークリング ハッピーリンゴ」について】

th_img_9687
「シュガースパークリング ハッピーリンゴ」は、蔵元直送の樽からスパークリング専用サーバーで提供する、こだわりのフレッシュ感が楽しめる、「SHUGAR MARKET」でしか味わえない果実酒です。スパークリング専用サーバーだから生まれる濃密な泡が、炭酸の抜けを防ぎ、会話が盛り上がってもおいしさが続きます。
  

■低アルコール、季節で変わる楽しさ

「シュガースパークリング ハッピーリンゴ」は、低アルコールで気軽に飲みやすいのも魅力です。また、ハッピーな時間を提供する「SHUGAR MARKET」ならではのシーズナリー商品として、季節ごとにおいしいフルーツを使ったシリーズ化を予定しています。
 

■蔵元との共同開発

「シュガースパークリング ハッピーリンゴ」は、埼玉県・麻原酒造とリカー・イノベーションが共同で企画・開発しました。2016年9月に1ヶ月の期間限定で、リカー・イノベーションが運営する100種類の梅酒・果実酒が飲み比べし放題の梅酒・果実酒専門店 「SHUGAR MARKET」 にて提供した「スパークリングパイン」が大変ご好評いただいたため、本格導入を決定しました。
 

■「ハッピーリンゴ」について

今回提供を開始する「シュガースパークリング ハッピーリンゴ」は、冬が旬の青リンゴを贅沢に使用して造った商品です。スパークリング専用サーバーから出る、青リンゴのフレッシュで瑞々しい風味が特徴で、季節のフルーツが奏でる風味と、スパークリングによる喉ごしのよさがお楽しみいただけます。
 
商品の詳細はコチラ
 

■麻原酒造について

asahara
麻原酒造は、明治15年創業、埼玉県入間郡に蔵を構える蔵元です。純米酒にこだわり、すべて搾りたての無濾過生酒が造りの特徴です。埼玉の3名酒として名高い、麻原酒造の銘酒「琵琶のさざ波」は、埼玉の地酒として県内外問わず愛されています。
 
また、麻原酒造の展開する果実酒「すてきなシリーズ」は、それぞれの果物に合った製法で造られます。例えば「すてきなレッドグレープフルーツ」は、通常のグレープフルーツよりも甘みがあるレッドグレープフルーツを活かすため、糖類は使用せず酸味と苦味が穏やかで絶妙なバランスを表現しています。