”世界の水の日”にチャリティイベント開催!

リカー・イノベーション株式会社は、世界38か国で水・衛生支援に取り組む国際NGOウォーターエイド(日本法人:特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン、以下「ウォーターエイド」)とコラボし、リカー・イノベーションが運営する100種類の日本酒が飲み比べし放題の日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」新宿店にて、2017年3月22日(水)の”世界水の日”に、チャリティイベント「SAKE4Water」(以下「本イベント」)を開催します。

「SAKE4Water」について


日本の飲食店では、お酒にはお金を払いますが、水には払わないことがほとんどです。一方で途上国の貧困層は、水を得るために収入の半分近くも支払っている国があることが、ウォーターエイドが発表した報告書「水はいくら?-世界の水の状況」で明らかとなっています。
 
本イベントでは、「KURAND SAKE MARKET」で1時間に1回設けている「お水で乾杯タイム」で、通常無料で提供している「水」に、任意の金額を寄付していただきます。(※寄付金は、途上国に安全な水を届ける資金とさせていただきます。)
 
本イベントで、おいしいお酒と安全な水を楽しみながら、世界の水事情を知るきっかけになることと期待しています。

世界水の日(World Water Day)とは?

 
“世界水の日”は、水の大切さや世界の水問題について理解と関心を深めることを目的に、1992年12月に国連総会で定められました。
 
世界では、6億5千万人が安全な水を利用できない環境で暮らしており、水が原因の病気で命を落とす、水くみに時間を取られ学校に通えない、貧困から抜け出せないといった問題が起こっています。
 
こうした問題を知ってもらうために、「世界水の日」には、世界の様々な国で水の大切さを人々に知ってもらうための会議やセミナー、展示会が開かれています。

「お水で乾杯タイム」とは?


「お水で乾杯タイム」は、その名の通り「KURAND SAKE MARKET」にご来店の皆さまと水で乾杯をする時間です。
 
日本酒を飲みながら合間に飲む水を「和らぎ水(やわらぎみず)」といい、二日酔い・悪酔いの防止や、脱水症状の防止に効果があると言われています。
 
「KURAND SAKE MARKET」では日本酒をより楽しんでいただくため、1時間に1度「お水で乾杯タイム」を設けています。

「ウォーターエイドジャパン」について

2030年までにすべての人が安全な水とトイレを利用できる世界を目指し、貧困下で生活する人びとの水と衛生状況改善に専門的に取り組む国際NGOです。1981年にロンドンで設立され、2017年現在、38か国で水・衛生支援を実施しています。2013年、日本法人を設立しました。
 
ウォーターエイドジャパン公式HP
世界水の日報告書(2016)「水はいくら?-世界の水の状況」

イベント概要

イベント名 「SAKE4Water」
開催日時 2017年3月22日(水)17:00~23:00(※通常営業時間内のイベントになります。)
開催場所 KURAND SAKE MARKET 新宿店(東京都新宿区新宿3-9-9 新宿ワタセイ・タマビル 4階)
内容 ”世界水の日”に、日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」で提供している水に任意で寄付をしていただき、途上国に安全な水を届けます。