「梧桐」シリーズ 四季に合わせた味わいとボトルカラーになり新登場!

リカー・イノベーションと山形県・秀鳳酒造場が共同で開発した、切れ味鋭い超辛口の日本酒「梧桐(あおぎり) 大吟醸 超辛+10」シリーズが、四季に合わせた味わいとボトルカラーになり新登場します。
 
その2018年冬バージョンの「梧桐 大吟醸 超辛+10 しぼりたて生酒」の提供は、2018年1月22日(月)より、リカー・イノベーションが運営する全国各地の日本酒100種類が飲み比べし放題の日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」全店(池袋・上野・渋谷・新宿・新橋・大宮・船橋・横浜)で開始します。
 
また、SNSでは抽選で1名様に「梧桐 大吟醸 超辛+10 しぼりたて生酒」が当たるキャンペーンも実施します。
 
商品の詳細はこちら

不動の人気日本酒「梧桐 大吟醸 超辛+10」シリーズについて

誰からも支持される”不動の人気日本酒”が、表情を変えて新登場!

▲2018年冬バージョンより、季節に合わせた味わいとボトルカラーで提供予定。
 
「梧桐 大吟醸 超辛+10」シリーズは、超辛口の鋭いキレが特長の日本酒です。初登場した2016年には「KURAND SAKE MARKET」で最も消費量が多く、2017年はさらなる人気のため、提供予定数が早々に提供終了となった、「KURAND SAKE MARKET」の不動の人気日本酒です。
 
2018年は、四季に合わせた味わいに、そしてボトルカラーも中身に合わせて変更し提供していく予定です。更にランクアップした「梧桐 大吟醸 超辛+10」シリーズをお楽しみください。

2018年冬バージョンは、みずみずしいフレッシュさが魅力

▲2018年冬バージョンは、新酒のフレッシュさをイメージしたクリアなボトル。
 
「梧桐 大吟醸 超辛+10」シリーズは、米、水、酵母、造り手全てを山形県にこだわった一本です。原材料には山形県産米「出羽きらり」を100%使用。手間ひまかけて丁寧に45%まで精米し、大吟醸ならでは繊細で華やかな香りを引き出しました。プラス10度*の鋭いキレと米の旨みのバランスがよく、そのまま飲んでも、料理と合わせても輝く一本です。
 
2018年冬バージョンの「梧桐 大吟醸 超辛+10 しぼりたて生酒」は、季節限定の生酒です。新酒ならではのみずみずしいフレッシュさは、この季節にだけお楽しみいただけます。
 
※日本酒は一般的に、日本酒度が+(プラス)なら辛口、−(マイナス)なら甘口の味わいとされています。

感謝の気持ちを込めたオリジナルラベル


”梧桐(あおぎり)”は、中国神話の伝説の鳥である鳳凰(ほうおう)が止まる唯一の木であると言われています。この銘柄は、蔵元が『「梧桐 大吟醸 超辛+10」シリーズを置く「KURAND SAKE MARKET」が、日本酒好きの方々の止まり木のような場所になってほしい』という思いを込めて名付けました。
 
また、私たちはラベルをひとつのコミュニケーションツールと考え、「KURAND SAKE MARKET」とともに歩むパートナー蔵元や、いつも支えてくださっているお客さまに、「梧桐 大吟醸 超辛+10」シリーズを通じて感謝の気持ちを伝えられればと考えています。そのデザインは、陽気で豊かな色合いと、”梧桐”に止まる鳳凰をモチーフにしました。

秀鳳酒造場・武田 秀和専務からのコメント

武田 秀和専務「いつもご愛飲いただき、誠にありがとうございます。『特別な気分で、いつまでも飲み続けられる一杯』として、本製品を造っております。皆さまの幸せな時間の一助となっておりましたら幸いです。」

商品概要

種類 大吟醸酒
アルコール度数 17度
原材料 米、米麹、醸造アルコール
使用米 山形県産 出羽きらり
精米歩合 45%
酵母 山形NFKA
日本酒度 +10

 
商品の詳細はこちら

SNSキャンペーンについて

「梧桐 大吟醸 超辛+10 しぼりたて生酒」の提供に伴い、SNS(Twitter)で抽選で1名様に「梧桐 大吟醸 超辛+10 しぼりたて生酒」の2018年冬バージョンをプレゼントするキャンペーンを実施します。
 

応募期間 2018年1月22日(月)〜1月28日(日)23:59締切
応募方法 KURANDのTwitter公式アカウント(@KURAND_INFO)をフォローし、キャンペーン投稿を公式リツイートする
応募特典 応募者の中から抽選で1名様に「梧桐 大吟醸 超辛+10 しぼりたて生酒」をプレゼント
当選発表 2018年2月中に当選者にのみ、ダイレクトメッセージにてご連絡を差し上げます。
注意事項 ・ダイレクトメッセージを受け取れるよう設定をお願いします。
・締切の時点で、KURAND公式アカウントのフォローと、キャンペーン投稿の公式リツイートの、どちらかが外れている場合は対象外となります。
・20歳未満の飲酒は禁じられております。当選者の方に年齢確認をお願いする場合がございます。ご理解のほどお願いいたします。

山形県・秀鳳酒造場


蔵王連邦の麓、山形市の北東部に位置する山家町に1890年(明治23年)より、初代正五郎が始めた蔵元、秀鳳(しゅうほう)酒造場。「秀鳳」とは「和やか」という意味を持っています。
 
豊かな自然、清洌な水、和やかな心が醸す手造りの酒。伝承、蔵の持つ風格と技法で自然な酒造りを行っています。また十数種類の酒米を使い、それぞれの持ち味を生かして米の旨味を表現する個性ある酒造りは、地酒大国山形のなかでもキラリと光り続けます。ぬくもりを感じる山形の地酒は、たくさんの呑み手に感動を与えています。