【HAVESPI×久米仙酒造】夏にぴったりな久米仙酒造の泡盛を楽しむキャンペーンを開催!

ストーリーを届ける新しい酒屋「KURAND」を運営するリカー・イノベーション株式会社(本社:東京 都足立区、代表取締役:荻原恭朗、以下「リカー・イノベーション」)は、久米仙酒造株式会社(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:比嘉洋一、以下「久米仙酒造」)とタイアップし、夏の訪れに伴って沖縄を感じようというコンセプトのもと、久米仙酒造の泡盛を楽しむキャンペーンを実施します。実施は、2018年6月4日(月)〜6月25日(月)に、リカー・イノベーションが運営する、全国各地の焼酎100種類が時間無制限で飲み比べし放題の焼酎専門店「HAVESPI(ハベスピ)」全店(新宿、上野、新橋、船橋、横浜)で行います。

 

キャンペーンについて


本キャンペーンでは、本格的な夏が近づき暑くなってきた6月、来店いただいた方に泡盛を飲むことで沖縄を感じてもらいたいというコンセプトのもと、「HAVESPI」店内に久米仙酒造の泡盛特設ブースを設置し、久米仙酒造の商品「久米仙 25度」を無料で提供します。同時に、「久米仙 25度」を使ったオリジナルカクテルのレシピ7種類を紹介し、泡盛の新しい楽しみ方を提案します。

 

「久米仙 25度」について


今回無料で提供するのは久米仙酒造の代表商品「久米仙 25度」です。低度数でフルーティーな香りが特徴の琉球泡盛で、熟れたバナナのような甘い香りと、柔らかな口当たりが特徴です。また、本キャンペーン期間中、この「久米仙 25度」を使った、オリジナルカクテルのレシピを店内にて7種類紹介します。レシピで使用しているお酒や割り材は全て店内に用意しているので、自由にアレンジしてお客様自身で楽しむことができます。
 

「久米仙 25度」を使ったオリジナルカクテル紹介

各カクテルは左から「泡トニック」、「こーれーぐーすサワー」、「琉球パンチ」、「うちなービーチ」、「沖縄レモンサワー」、「沖縄トロピカルサワー」、「琉球モヒート」

本キャンペーンで提供する泡盛「久米仙 25度」を使ったオリジナルカクテル7種類を紹介します。飲みやすく爽やかなサワー類から、泡盛の癖を生かしたカクテルまで幅広くご用意しました。

泡トニック


ジントニックを模した泡盛の飲み方。久米仙45mlとカットライム1/4個をグラスに擦り付け絞り入れ、トニックウォーターを足したら完成です。

琉球パンチ


久米仙30mlとフルーツ工房パッション30mlをジンジャエールで割ったら完成です。海外のガラナコーラのような独特な味わいです。

沖縄トロピカルサワー


久米仙20ml、COLD PRESS COLLECTION バナナ20ml、COLD PRESS COLLECTION パイン20mlを炭酸で割ったら完成!南国感に溢れるトロピカルなサワーです。

うちなービーチ


久米仙20ml、COLD PRESS COLLECTION バナナ20ml、COLD PRESS COLLECTION パイン20ml、フルーツ工房パッション20mlを牛乳で割ったらできあがり。ピニャコラーダに近い味わいです。

沖縄レモンサワー


久米仙45ml、シークワーサー果汁15ml、レモン果汁もしくはレモンサワーベース15mlに炭酸を注ぎます。最後にブルーキュラソーをドロップしてレモンで飾りつけたら完成です。沖縄の海を模した見た目と、泡盛の癖を包む柑橘の味わいが人気です。

こーれーぐーすサワー


久米仙45ml、こーれーぐすペースト少量をよくかき混ぜます。それにレモン果汁15mlと炭酸をいっぱいまで足して、バジルで飾りつけたら完成。辛くて酸っぱい味わいです。

琉球モヒート


久米仙45ml、シロップ15ml、ミント、カットライムを入れてよく潰します。最後に炭酸をいっぱいまで加えてミントを飾ったらできあがり。モヒートの沖縄バージョンです。

 

キャンペーン概要

タイトル 【HAVESPI×久米仙酒造】夏来たる!泡盛を飲んで沖縄を感じよう!
期間 2018年6月4日(月)〜6月25日(月)
会場 HAVESPI 全店(新宿、上野、新橋、船橋、横浜)
料金 3,000円(税別)※通常の飲み比べプラン料金に含まれます。
内容 久米仙酒造特設ブースを設置し、久米仙 25度の無料提供と久米仙酒造商品の販売を行います。久米仙 25度を用いてオリジナルカクテル7種類をつくることができます。
注意事項 席に限りがあります。イベント実施期間中は混雑が予想されますので、事前のご予約をおすすめします。 また、本イベント内容及び提供する商品は、予告なく変更する場合がございます。
主催 HAVESPI、久米仙酒造

 
キャンペーンの詳細はこちら
 

久米仙酒造について


久米仙酒造は、「一歩進んだ泡盛づくり」をモットーに既成概念にとらわれることなく特色ある商品開発に積極的に取り組んでいる酒造です。業界初の卓上ボトルの発売や樫樽貯蔵の開発、異業種連携によるコラボ商品開発など泡盛の入り口となる初心者向けタイプから、通をもうならせるインパクトのある酒造りに至るまで泡盛の可能性をどこまでも追求しています。
 
<久米仙酒造 HP> http://kumesen.co.jp/