お酒を通して外国人へPRしたい提携企業を募集します。


 
弊社が運営する、100種類の日本酒が時間無制限で飲み比べし放題の日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」の2016年の訪日外国人総来店客数が3,000名を突破したことをお知らせいたします。
 
昨今、海外で日本酒への注目が集まるなか、弊社では、100種類の日本酒や梅酒・果実酒・焼酎が飲み比べし放題の専門店や、酒類特化型メディアを通じて、外国人向けに「お酒」に新しい価値を生み出す事業に取り組んでいます。中でも、2016年に発表された1年間の東京のおすすめベスト100スポットを決定する「TOKYO100」では、弊社が運営する「KURAND SAKE MARKET 新宿店」が第五位にランクインしました。弊社では今後、お酒を通して外国人へPRしていきたい地方自治体、民間企業様などの提携企業を積極的に募集します。
 

外国人向け施策例

1)マガジン:日本酒を世界に広める英語版Webメディアの運営

世界で日本酒に対する注目度が日々高まっているなか、日本酒を正しく伝えるWebメディアは少ないのが現状です。またネイティブでない日本人が書く英語の文章には、文法的な間違いはありませんが、不自然さが残り、日本酒を正しく伝えるのは難しいと考えています。そこで酒蔵での就業経験があり、日本酒の知識が豊富なネイティブ外国人スタッフによる記事監修を行い、正しい英語表現で日本酒を伝えるWebメディアを運営しています。
 
KURAND MAGAZINE:http://kurand.jp/en/magazine/
 

2)イベント:外国人向け日本酒イベントの開催

外国人が日本酒に気軽に触れる機会の創出に向け、渋谷・新宿・池袋・浅草・大宮に店舗を構える「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」にて、日本酒100種類の飲み比べし放題プランや日本酒を通じた外国人交流イベントなどを定期的に開催しています。
 
Sake Exchange Tokyo:http://kurand.jp/en/sake-exchange-tokyo/
 

3)レッスン:外国人向け日本酒講座の開催

国際利き酒師の資格を持つ日本酒に詳しいネイティブ外国人スタッフが、外国人に向けて日本酒の利き酒をレクチャーします。「日本酒は熱燗にして飲むもの」など外国人の日本酒に対する間違った価値観が海外では蔓延しています。そこで、本来の日本酒の味わいを知ってもらうため、100種類以上の日本酒が揃う「KURAND SAKE MARKET」では、利き酒の作法などを学び、正しい日本酒の味わい方をレクチャーする日本酒講座を定期的に開催しています。
 
KURAND SAKE LESSON:https://kurand.jp/en/lesson/
 

4)メニュー:直営店舗にてインバウンド向けメニュー表記の強化を実施

海外での和食ブームに伴い、外国人の日本酒人気は急速に伸長しております。しかし、日本酒は専門用語が多く、一般的な英訳では日本酒の魅力を伝えることは困難です。「KURAND SAKE MARKET」では、酒蔵での就業経験があるネイティブ外国人スタッフ監修の元、外国人向けメニューを用意しています。