疫病払い「あばれ祭」の歓声で醸した日本酒「継音」 オンライン飲み会で楽しめるアプリと共に Makuakeで限定販売開始!

リカー・イノベーション株式会社(本社:東京都足立区、代表取締役:荻原 恭朗)が運営する、日本酒のEC・店舗事業「KURAND(クランド)」(以下、「KURAND」)は、株式会社 PFU(本社:石川県かほく市、代表取締役:半田 清、以下「PFU」)と、数馬酒造株式会社(本社:石川県鳳珠郡能登町、代表取締役:数馬 嘉一郎、以下「数馬酒造」)と共同で、「音技術」を起点とした新しい日本酒「継音(つぎね)」とオンライン飲み会アプリ「emopair(エモペア)」を開発しました。

『継音』は疫病払いのお祭りの声から「歓びの声」だけをPFUの技術で抽出し、明るい未来を願う想いを込めて聴かせた日本酒です。『emopair』はオンライン飲み会に一体感を持たせてくれるアプリ。飲み会の会話内容や盛り上がりに合わせて様々な日本酒をおすすめしてくれます。

本商品は2020年7月30日(木)より、「Makuake(マクアケ)」限定で、数量限定販売します。

■TOPICS
(1)350年の歴史上初めて中止となる疫病払いの神事“あばれ祭”の「歓びの声」だけを聞かせて醸造した日本酒「継音(つぎね)」をMakuake限定で発売。
(2)PFUの音声識別AI技術を日本酒造りに応用。同じ技術でオンライン飲み会アプリ「emopair(エモペア)」も開発。
(3)酒宴に一体感。歓びの声をアプリで解析。飲み会での雰囲気に合わせた日本酒をレコメンド。

■祈願の心を込めた希少な日本酒「継音(つぎね)」とは

『「醸しのものづくり」で、能登の魅力を高める。』をミッションとする石川県能登地方の酒蔵「数馬酒造」と、同じく石川県を発祥とする「株式会社 PFU」が手を組むことで生まれた限定の日本酒です。

PFUが保有する世界屈指の音声識別AI技術で、能登のお祭り「あばれ祭」から「歓びの声」だけを抽出して聴かせて醸造した、ほのかな甘口の日本酒。350年もの間、あばれ祭が継承してきた「疫病払い、皆の幸せを願う」という想いを、AIテクノロジーの力で日本酒に宿し『継音』は誕生しました。

<概要>
◯商品名:継音(つぎね)
◯販売開始:2020年7月30日(木)~2020年9月29日(火)
〇発送開始:2020年10月下旬から順次発送予定
◯容量:720ml 瓶
◯原料米:能登産五百万石 100%
◯アルコール分:15~16% ※瓶詰め前の最終きき酒で、多少度数調整をする可能性がございます。
◯販売価格:3,000円(税込)~
◯詳細URL:https://www.makuake.com/project/tsugine/

■味わい・特徴
<味わい>
「継音」は、飲んだ瞬間から甘くふくよかな米の香りが楽しめ、お米の旨味と程よい酸味がお口の中に広がります。酒蔵の地元の米農家が丹精した能登産100%の酒米「五百万石」からつくられた、滋味深くやわらかい口当たりが特徴です。

<合う料理・楽しみ方>
「継音」は、新鮮な魚介の刺身やカルパッチョなどとの相性がよく、ペアリングをおすすめしています。奥能登の豊かな海の幸の美味しさを引き立てる穏やかな味わいは、食中酒としての魅力にあふれています。

<ラベルデザイン>
デザイナー 辻野 実(ツジノ ミノル)

<デザイナーコメント>
私達の魂である祭のサウンドで、お酒を熟成させるというとても刺激的なプロジェクトに参加できてとても嬉しく思います。脈々と流れる私どもの文化や伝統と、テクノロジーとの融合で新たに生まれた「継音」というお酒を表現するために、あばれ神輿を運行する際の「チョーサ」という掛け声の波形をラベルデザインに表現いたしました。また、能登の海がもつ淡く深い青色で彩ることで、時や場所を超えて人々の想いがつながっていく明るい未来も表現しています。今回のプロジェクトで醸されたお酒で、私達の暮らす能登を感じていただき、明るい未来を願い乾杯していただけると嬉しく思います。

■オンライン飲み会アプリ「emopair(エモペア)」とは

PFUが開発したオンライン飲み会アプリ『emopair』はプライバシーを確保しつつ、声色や声の大きさ、会話の単語を検知・解析しその酒宴がどれくらい盛り上がっているかを識別します。

さらに『emopair』は解析された盛り上がり度や、酒宴で発せられた言葉(単語)をもとに、独自のアルゴリズムで、KURANDのお酒ラインナップの中からオススメのお酒をセレクト。その場にあった日本酒のペアリングをしてくれます。

オススメされた日本酒はラベルや飲み口の情報、製造の背景などを知ることができ、オンライン飲み会の話に花を咲かせたり、今まで知らなかった美味しい日本酒を知るきっかけにもなります。また、そのまま購入することも可能なので、楽しく新しい日本酒に出会うことができます。

■「emopair」の楽しみ方について

『emopair』の楽しみ方は色々。日本酒好きのメンバーとの飲み会のネタとして使ってみたり、オンライン飲み会でお勧めされたお酒を購入して、「次回は全員同じお酒で語り合う!」のようなことも。楽しい酒宴は終わりたくないものですが(明日は朝が早いので、今日はこの辺りで…)そんな時もありますよね。『emopair』を使えば、「次のおすすめが出たら最後!」と、終わり方がわかりにくいオンライン酒宴をお開きにするタイミングを作ることもできます。

使い方はカンタン。『emopair』を押していつもの様にお酒を楽しみながら話すだけ。10分ほどすれば、それまでの会話の盛り上がり度合い指数と今の盛り上がりに合わせたオススメの日本酒を教えてくれます。「あのお酒の名前なんだっけ?」と、美味しかったお酒の名前をついつい忘れてしまっても、これまでのオススメの記録が残るので大丈夫。美味しかったお酒の話に花を咲かせるのも、飲みたくなってもう一度注文することもカンタンにできます。
<KURAND オンラインストア> https://kurand.jp

<プロジェクト概要>
内容  :疫病払い「あばれ祭」の歓声で醸した日本酒「継音」をオンライン飲みで楽しもう。
目標金額:30万円
期間  :2020年7月30日(木)~2020年9月29日(火)
URL  :https://www.makuake.com/project/tsugine/

<支援コース一覧(価格は全て税込です。)>
<Makuake特別価格>
(1)【Makuake特別価格】継音×1本:3,000円/600個
(2)【限定90名 5%OFF】継音×2本:5,700円(5%OFF)/90個
(3)【限定60名 15%OFF】継音×6本:15,300円(15%OFF)/60個
(4)【限定30名 30%OFF】継音×12本:25,200円(30%OFF)/30個

■プロジェクトチームについて
【株式会社 PFU】
コンピュータ開発で培った技術を基に、世界シェアNo.1のドキュメントスキャナー、数多くの出荷実績を誇る情報KIOSK・組込みコンピュータなどのハードウェアおよび、セキュリティ・文書管理などのソフトウェアやサービス、ITインフラ構築や他企業と提携したマルチベンダーサービスなど、ICTに関するソリューション・サービスをトータルにご提供しています。
<株式会社PFU> https://www.pfu.fujitsu.com/

【数馬酒造株式会社】
1869年(明治2年)創業。「「醸しのものづくり」で、能登の魅力を高める。」を経営理念に、能登の自然と文化、そして産業を次世代につないでいくことを使命としています。
<数馬酒造> https://chikuha.co.jp/

【株式会社マクアケ】
アタラシイものや体験の購入サービス「Makuake(マクアケ)」を運営。また、Makuakeを出口とした企業研究・技術から新製品・新事業創出をサポートする「Makuake Incubation Studio (MIS) 」により、「株式会社 PFU」のサポートを行っています。
<Makuake> https://www.makuake.com/

【KURAND】
KURAND(クランド)は、リカー・イノベーション株式会社が運営する、お酒と出会う楽しさを提供する、新しい酒屋です。「すてきなお酒との出会いが次々に。」をコンセプトに、全国各地のまだ表に出ていない酒蔵がこだわり抜いて造るお酒をお届けしています。
<KURAND オンラインストア> https://kurand.jp